株式投資を始める際に必要な資金

実際に株式投資をするにはどの程度の資金が必要なのでしょう?

なんとなく「株式投資に必要な資金」と言われると、ある程度まとまったお金が必要なイメージが強かったりしませんか?

この辺りの話を理解するには、株を購入する時の費用についての計算方法を知る必要がありますが、株価だけではなく単元という単位が絡んでくるので少し分かりにくく感じるかもしれません。

「株価」はなんとなくわかりますよね、そのままですが株買うために必要な金額です。

では単元とは何でしょうか?

株は、ある程度のまとまった単位で取引されますが、そのまとまった株数の単位を「単元」と言います。

単元は株によって、 1株、100株、1000株というように決まっています。

そのため、株を取得する際に必要な金額は以下のような感じで、株価×単元で計算できます。

株価 単元 単元株取得に必要な資金
1,000円 100 100,000円
1,000円 1,000 1,000,000円
10,000円 1 10,000円

(実際には、この他に手数料がかかってきます。)

このように、仮に同じ株価であったとしても、単元が違うと取得に必要な金額も大きく変わってきます。


これを踏まえて調べてみると、千円台で買える株もあれば、数百万円必要な株もあるわけで、一概に「株式投資には○○円必要」というように言い切ることが出来ないのですが、5~10万円あればそれなりに買える株の幅は広がってきます。

この辺りは、銘柄選びと絡んでくるので、何とも言えない部分ではあるのですが、それでも1000円台から取得可能な株があるという事を知っているとハードルはぐっと下がるのではないかと思います。
(単元株未満の株を取引することも可能です)

株式投資に使える資金が多ければ多いに越したことは無いわけですが、このくらいの金額なら始めることが出来そうだと感じる人も多いのではないでしょうか?

私も始める前は漠然と「100万円くらいないとダメ」と考えていたのですが、そんな事は全然ないので、一度、自分が株式投資に使える資金でどんな株が取得可能か調べてみると良いと思います。